クロコダイルの女性”説”は本当なの?その理由とは?

クロコダイルと言えば最近ミホークと一緒にクロスギルドを作りバギーが社長?となってしまったので組織の最高幹部?としている彼ですが、元々クロコダイルは女性だったのでは?と言う噂が流れておりその噂となっている根拠も幾つかあるんですよね。


なので今回はその根拠をまとめて本当にクロコダイルは女性だったのかそしてなぜ男性になったのかなどを考察していこうと思います

目次

クロコダイルの女性説とは?

クロコダイルといえばアラバスタ編で初登場して、アラバスタを乗っ取ろうと計画したのですがルフィ達麦わらの一味に計画を潰されてインぺルダウンに投獄されてしまいました。

ですがそんなクロコダイルには昔からある”説”が噂されているんですよね。

それがクロコダイル女性説なんです。

クロコダイルって女性なの?という疑問を持つ方も多いと思いますが女性なのでは?という伏線から尾田栄一郎先生がSBSで語った”ある”情報もあり女性説がかなり濃厚になりました。

それでは一つ一つ解説して結論を話したいと思います。

女性説の根拠

まずは女性説の根拠なんですが、いくつかあります。

まず一つ目としていピアスですね。

根拠その①ピアス

これはかなり有名な話ですが、基本的に男性は左にピアスをつけ女性は右にピアスをつけます。

なのでゾロとかも左耳にピアスをしていますよね?もし男性が右にピアスをしていたらそれは”ゲイ”の証になるんです。

そしてクロコダイルは”右”にピアスをつけています、これだけを聞くとクロコダイルってゲイなの?となりますが、元女性だったという仮定で聞くと不自然ではないですよね。

そして誕生日にもちょっとしたう伏線?のようなものがあります。

根拠その②誕生日

クロコダイルの誕生日は9月5日なんですよね、理由としては尾田栄一郎先生って誕生日を案外語呂で決めたりSBS のファンが言った語呂で決またりするんですよね。

そしてこの9月5日はク(9)ロコ(5)ダイルと決めていますが9月5日生まれは何座か知っていますか?おとめ座なんですよね。

別にワニからとって8月2日でもよかったと思いますが、9月5日(おとめ座)となっているのもクロコダイルが元女性という伏線の一つなのではないのでしょうか。

そして次の根拠は七武海の元ネタであろう説からです。

根拠その③七武海の元ネタ?

クロコダイルがもともと入っていた七部海という政府公認の海賊制度がありました。

その元ネタとは何なのか知っていますか?それはゲーム「ロマンシングサガ2」に出てくるボスキャラ”七英雄”が元ネタだと言われているんです。

その理由として七英雄と七武海の特徴が非常に似ているからです。

七部海七英雄
クロコダイル
アラバスタを乗っ取り支配しようとした
ワグナス
国の支配しようとしている七英雄のリーダー
ミホーク
世界最強の剣士と呼ばれている
ノエル
紳士的な性格で剣術を得意としている
ハンコック
世界一の美貌とうたわれる美女で女ケ島の皇帝
ロックブーケ
相手を魅了する事ができる女戦士の村の女王
ジンベエ
魚人空手の達人で魚人族
スービエ
海流を使い攻撃を行う半漁人
くま
政府に体を改造されていおり、暴君と呼ばれていた
ダンダーク
体を改造ししており、七英雄一の乱暴者
ドフラミンゴ
他人を操ることができて闇商売をしている
ボクオーン
各地で部下を暗躍しており、闇の深い商売をしている操り人形
モリア
ゾンビを配下にしている
クジンジー
ゾンビなど配下にしている嫌われ者

となっており非常に似ている事がわかりますよね。

そして根拠となっているのが クロコダイルのモデルとなっているワグナスというキャラの性別です。

ワグナスというキャラは見た目は女性なのですが中身は男なんですよね。

女性モンスターを吸収したせいか、両性具有のような存在になっているんです。

これもクロコダイルが女性説の根拠の一つとなっており、性別がわからないという事も兼ねて尾田栄一郎先生はクロコダイルを作ったのではないのでしょうか?

根拠その④扉絵の言葉

漫画「ONE PIECE」では扉絵で過去登場したキャラの近況をしてたりその扉絵とタイトルが伏線になっていたりするのですが、その扉絵とタイトルがクロコダイルの女性説を紐づける根拠がありました。

それは漫画938話”女の秘密”というタイトルなんです。

そしてその扉絵にはクロコダイルが横転んでおり雀と戯れているようなイラストになっています。

これはクロコダイルは女性という暗示なのではないのでしょうか。

白ひげとの関係とは?

クロコダイルは頂上戦争で部下であるスクアードに刺されている白ひげを見て、「みっともねェじゃねぇか!!!”白ひげ”ェ!!!」「おれはそんな”弱ェ男”に敗けたつもりはねぇぞ!!!」と発言しており、過去敗北した思い出がありそのことをいっているんだと思います。

ですがなぜ白ひげに対してこんな態度をとるのでしょうか?ただ敗けたため?それとも仲間をすべて殺されたため?

個人的には初めて戦った時はクロコダイルが女性で手加減をされたのではないのでしょうか?白ひげも女性を思いっきりぶん殴るような事をする人には見えませんし、女性だからと言って手加減をされその上敗けたとなったらプライドも何もかもズタボロですよね。

なので男性になり手加減無しで戦うようになったのではないのでしょうか?それでも倒せなかった白ひげが部下の一人に軽々と刺されてしまい、それに対して”弱ェ男”と発言したのではと考えることができます。

イワンコフの弱みって?

イワンコフがクロコダイルに向かって言った「コイツの”弱み”を一つ握っている!!!」という発言に疑問を持ちましたよね?

その弱みって何だろうと、そしてその弱み一つでクロコダイルを押さえつけることができるし、裏切れないというかなりの弱みを持っているんだと思います。

それは何かつまりイワンコフにホルモン注射を打ってもらい男性にしてもらったことを知っているからです!!

と言いたいんですがクロコダイルがそんなことで裏切りや抑え込むことができるのでしょうか?個人的にはもっと違う、それこそ1058話のミホークに言った”人を信用できない”というのが関係しているのではないのかなと思っていますね。

しかもそれがイワンコフ関係と考えるとイワンコフの女性の時に一目ぼれしたとかバロックワークスの秘書の一人として入れようとしたとかなのかもしれません。

そうなると人を信用していないというのも実は人は見た目で判断してはいけないという意味を込めているのかもしれませんねね。

SBSで尾田栄一郎先生が書いた言葉

尾田栄一郎先生はSBSにて面白い事を書いていたんでね、それが「ワンピースで一番書くのに手間がかかるキャラは誰か」という質問に対し、「ハンコック」と回答しており、黒髪の”女性”はツヤベタという作業がありその作業が大変という回答をしていました。

そのツヤベタとは光が当たっている部分を塗り残すことで髪のツヤなどを表現する技法なんだそうです。

そのツヤベタをしなければいけキャラがハンコックでありその作業が大変という事でした、ですがそのツヤベタをしているお男キャラがいるんです。

それがクロコダイルなんですよね。

クロコダイルの髪にはツヤベタをされており尾田栄一郎先生は黒髪の女性と発言していましたが、それはクロコダイルにもありクロコダイルも元は黒髪の女性だったという意味もあるのではと考えました。

まとめ

今回は”クロコダイルの女性”説”は本当なの?その理由とは?”について考察していきました。

結論として、クロコダイルはもともと女性である可能性が極めて高い

という結論に至りました。

言動だったり描き方が女性っぽく書かれていたりするのでかなり可能性は高いと思います。

ですが本編で言う機会はここからあるのかは怪しいのでSBSで答えるか扉絵に出てくるかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

ぜひほかのワンピース考察もしていますので見て行ってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる