ワンピース

【ワンピース】ドラゴンは元海軍だった?1066話の内容で判明する?

オタ活推奨部

ルフィの父であり、革命軍のリーダーをしているモンキー・D・ドラゴンですが、元海軍なのではという噂を耳にしたことがあると思います。

ですが今までは根拠はうすかったので可能性は低かったのですが、1066話の内容にて疑問に思う点が見つかりそれが根拠としてドラゴンが元海軍という説が濃厚になりました。

なので今回はドラゴンが元海軍なのかについて考察してきたいと思います。

ドラゴンは元海軍?

果たしてドラゴンは元海軍だったのでしょうか?

おそらくドラゴンは元海軍だと思います。

海軍だったのですが世界政府の悪事を目の当たりにしてそれに加担していると思ったドラゴンはその時に革命軍に近い活動をしていた「自由軍」に入る事を決意したのかもしれません。

そしてその根拠は下に書いてあります。

その根拠とは?

次に根拠について解説していきます。

1066話の内容が関係している?

1066話のベガパンクがオハラのクローバー博士に花を手向けに行くという回想シーンにてベガパンクは海軍の船でオハラに向かっていました。

そしてオハラに入った時にドラゴンと会いもうすぐドラゴンは革命軍を作る事などの世間話をしていましたが、その時に政府は自由軍の船を見たと思います

それにドラゴンの姿を見ても何もしていない所を見ると元海軍だった可能性があります。その時にベガパンクはパンクハザードで研究をしていたので、船にP,H(パシフィスタ)と書いてりたり化学班の船だと推測します。

その事からもしかしたらドラゴンは化学班に所属した可能性もありますね。

赤犬と同期だった?

おそらく赤犬と同期だった可能性もあります。

これは昔からあったドラゴン元海軍説の根拠の一つであり、赤犬がルフィの事を”ドラゴンの息子”と強調しているからという説です。

これは普通に考えると革命軍で有名なドラゴンの息子と捉えられますが、今回のベガパンクの過去があるので同期だったドラゴンの息子が海賊になっている。という解釈にもなると推測します。

海軍ではない根拠も

ですが一方で海軍ではない根拠も存在します。

それは1066話のベガパンクとの会話で「政府の飼い犬になるとは」と海軍に加担しているベガパンクに対しての皮肉を言っています。

これは自由軍で政府の悪事を知ったので政府の人間に対して皮肉を言っているのかもしれません。

それほど海軍や政府を嫌っていると考えると海軍に入っていない可能性も考えられます。

まとめ

今回は”ドラゴンは元海軍だった?1066話の内容で判明する?”について考察していきました。

結論として、

ドラゴンは元海軍であり恐らく赤犬たちと同期だった可能性がある

という結論にいたりました。

ドラゴンはまだ謎が多い人物なので今後素性がわかると思います。

その時に期待したいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

ぜひほかのワンピース考察もしていますので見て行ってください。

記事URLをコピーしました